秩父神社

573年(崇神天皇10年)の創建となる秩父地方の総社で、八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)、知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)などを祀る秩父神社。もともとは南にある武甲山を聖地として遥拝する場所であったと考えられています。

徳川家康が寄進した社殿は壮麗な権現造で、彫刻を見て回るのも楽しい神社です。背面にある「北辰の梟」は、学問に霊験があるとされています。

例祭「秩父夜祭」が知られていて、神楽に豪華な笠鉾、花火などが競演する祭りは多くの人で賑わいます。

名称
秩父神社(ちちぶじんじゃ)
所在地
埼玉県秩父市番場町1-3
営業時間
境内自由
料金
無料
公共交通
関越道 花園ICから50分
サイト
秩父神社

秩父神社周辺の温泉・宿泊施設

パワースポットのパワーをよりいっそう吸収するにはあわせて温泉に立ち寄るのが効果的。秩父神社周辺には、鉱泉が点在しています。日帰り温泉施設「秩父湯元 武甲温泉」も近くにあります。

周辺のおすすめ温泉宿

周辺の日帰り温泉

秩父神社の関連アイテム

埼玉県秩父地方(秩父)の天気予報

埼玉のパワースポット