宗像大社

宗像市にある宗像大社。宗像市田島に市杵島姫神を祀る辺津宮、海を渡り大島に湍津姫神を祀る中津宮、さらに玄界灘の孤島沖ノ島に田心姫神を祀る沖津宮と、三社に分かれています。これら三社の祭神をあわせて宗像三女神と言います。

辺津宮では奥に進み、宗像大神が降臨した高宮がパワースポットといいます。社のない、古い形態を残しています。

中津宮へはフェリーの連絡船で上陸することができます。沖津宮の沖ノ島は島そのものが聖地ですが通常は上陸できません。そのため、通常宗像大社というと辺津宮のみを指すことも多いです。

辺津宮から中津宮、沖津宮の延長線上には朝鮮半島があり、大陸との交通ルートでもありました。沖津宮は「海の正倉院」とも呼ばれる、古い遺物が残る島です。

名称
宗像大社(むなかたたいしゃ)
所在地
福岡県宗像市田島
営業時間
8~17時
料金
無料
公共交通
九州道 古賀ICから20分
サイト
宗像大社

宗像大社周辺の温泉・宿泊施設

パワースポットのパワーをよりいっそう吸収するにはあわせて温泉に立ち寄るのが効果的。宗像大社から5kmほどのところに玄海さつき温泉があります。さつき松原に隣接する温泉です。

周辺のおすすめ温泉宿

宗像大社の関連アイテム

福岡県福岡地方(福岡)の天気予報

福岡のパワースポット