赤坂真理

赤坂真理プロフィール&ガイド

赤坂真理(あかさかまり)―1964年生まれ(57歳)。東京都杉並区出身。小説家。

編集者を経て1995年「起爆者」(『コーリング』に所収)でデビュー。

2000年『ミューズ』で第22回野間文芸新人賞、2012年『東京プリズン』で第66回毎日出版文化賞および第16回司馬遼太郎賞、2013年同作で第23回紫式部文学賞受賞。

河出書房新社のJ文学戦略における主要兵器の一人として『文藝』に出ずっぱりでした。推量も結論もいらないからここに居られるだけの理由がほしいというような危うい性急さが魅力。『ヴァイブレータ』からまず手にとってみて。

関連作家・似てるかも作家:松岡正剛

赤坂真理おすすめ本ベスト

  1. 『ヴァイブレータ』表紙
    自分の中で振動する不可知の領域を抉じ開けるのは吐き気と体温。肌に浮き出てくる前の、奥にある温度。言葉がバラバラに解けてしまって表層的なものは何も要らなくて、コンビニで会った男と旅するしかなくなるのだ。
    文学(小説)

赤坂真理レビュー一覧(7冊)

  1. 『東京プリズン』表紙
    東京裁判と「天皇の戦争責任」を考える長編小説。ディベートでは「そうだったのか」と発見もあったが、法学的議論では終わらなくて。時空を超えるファンタジックな要素がありながら「私」小説であるところも赤坂的。
    文学(小説)
  2. 『彼が彼女の女だった頃』表紙
    短編集。観察者としての眼が肉体からズレて外側にあるような、著者独特の浮遊感は楽しめる。でも内省も衝動も突き抜けず、文字遊びも余計に世界を小さくしてるような。雫したたる「桃」のエロさは濃密でいいけどね。
    文学(小説)

赤坂真理の新刊・近刊

  • 赤坂真理『愛と性と存在のはなし』表紙
    赤坂真理
    2020-11-10
    NHK出版 NHK出版新書 640
    草食男子、#Metoo、セクハラ問題から戦後日本と父性の関係まで。常識を揺さぶり、生きづらさの深層を問う、作家全霊の性愛論。
  • 赤坂真理『箱の中の天皇』表紙
    赤坂真理
    2019-02-14
    河出書房新社
    本物の箱は、右?左?マッカーサーから本物を奪還し、平成の天皇に退位の真意を問う。
  • 多田富雄/赤坂真理/いとうせいこう『死者との対話 能の現代性』表紙
    多田富雄/赤坂真理/いとうせいこう
    2017-10-23
    藤原書店 多田富雄コレクション(全5巻) 第4巻