磯崎憲一郎

磯崎憲一郎プロフィール&ガイド

磯崎憲一郎(いそざきけんいちろう)―1965年生まれ(56歳)。千葉県我孫子市出身。小説家。

三井物産広報部長を経て、東京工業大学大学院教授。

2007年「肝心の子供」で第44回文藝賞、2009年「終の住処」で第141回芥川賞、2011年『赤の他人の瓜二つ』で第21回Bunkamuraドゥマゴ文学賞、2013年『往古来今』で第41回泉鏡花文学賞、2020年『日本蒙昧前史』で第56回谷崎潤一郎賞受賞。

関連作家・似てるかも作家:保坂和志 吉村萬壱 小島信夫 小山田浩子

磯崎憲一郎おすすめ本ベスト

  1. 『終の住処』表紙
    語られてることは理解できるのに、この語り手が何を語りたいのか全体を捉えようとすると分からなくなるという、この不安な感じが味わいどころ。ストーリーよりは文体と方法論に拠ってる。意識の流れに意識的な作品。
    文学(小説)

磯崎憲一郎レビュー一覧(4冊)

  1. 『世紀の発見』表紙
    一筆で数年が過ぎるような飛躍する物語りと、その結果としてのエピソードの唐突感で最後まで一気に読める。語り手と主人公との距離が独特なんだろうな、ストーリーとしてはそこまで奇抜じゃないのに不思議な読後は。
    文学(小説)
  2. 『終の住処』表紙
    語られてることは理解できるのに、この語り手が何を語りたいのか全体を捉えようとすると分からなくなるという、この不安な感じが味わいどころ。ストーリーよりは文体と方法論に拠ってる。意識の流れに意識的な作品。
    文学(小説)

磯崎憲一郎の新刊・近刊

  • 磯﨑憲一郎『日本蒙昧前史』表紙
    磯﨑憲一郎
    2020-06-26
    文藝春秋
    語り手を自在に換えつつ大阪万博、日航機墜落事故など、狂騒と蒙昧の戦後を彩った様々な事件とその陰にある無数の生を描き出す長篇。
  • 磯崎憲一郎『金太郎飴』表紙
    磯崎憲一郎
    2019-12-24
    河出書房新社
    「小説的身体」を創るためのすべてがここに――デビューから12年、全身を「小説」に捧げて来た磯﨑憲一郎・全思考。
  • 磯崎憲一郎『鳥獣戯画』表紙
    磯崎憲一郎
    2017-10-31
    講談社
    時空を越えて自在に往還する視点。「私は」という語りの力で小説の可能性を無限に広げる、最大級の野心作。