金原ひとみ

金原ひとみプロフィール&ガイド

金原ひとみ(かねはらひとみ)―1983年生まれ(37歳)。東京都出身。小説家。

2003年『蛇にピアス』ですばる文学賞を受賞しデビュー。

2003年「蛇にピアス」で第27回すばる文学賞、2004年同作で第130回芥川賞、2010年「トリップ・トラップ」で第27回織田作之助賞、2012年『マザーズ』で第22回Bunkamuraドゥマゴ文学賞、2020年『アタラクシア』で第5回渡辺淳一文学賞受賞。

綿矢りさとの芥川賞同時受章で話題になりました。

関連作家・似てるかも作家:綿矢りさ 桐野夏生 川上未映子 村田沙耶香 山田詠美 朝井リョウ 村山由佳 山本文緒 島本理生 恩田陸

金原ひとみレビュー一覧(1冊)

  1. 『蛇にピアス』表紙
    スプリットタンとか刺青とか言うのでもっとグロかと思ったら意外に涼やか。良くも悪くも。肉体と心がブレてるのは分かるけど文体も分離してるというか、切実さが軽みを帯びてるというか、そういう空気をこそ読むか。
    文学(小説)

金原ひとみの新刊・近刊

  • 金原ひとみ/真藤順丈/東山彰良/ほか『緊急事態下の物語』表紙
    金原ひとみ/真藤順丈/東山彰良/ほか
    2021-06-17
    河出書房新社
    濃厚接触、反ユートピア、ゾンビと猫、ライブカメラ、臆病なテロリスト…。コロナ禍を生きるあなたへ贈る、もう一つのパンデミック。
  • 金原ひとみ『アンソーシャル ディスタンス』表紙
    金原ひとみ
    2021-05-26
    新潮社
    コロナ禍の世界を逃れ心中の旅に出る若い男女を描く表題作や、臨界状態の魂が暴発する「ストロングゼロ」など、返り血を浴びる作品集
  • 金原ひとみ『fishy』表紙
    金原ひとみ
    2020-09-07
    朝日新聞出版
    作家志望のライター美玖、共働きで女性誌の編集をつづける弓子、インテリアデザイナーのユリ。都内きってのナンパ街となった銀座のコリドーで、三人は...