神宮外苑

物語の舞台への旅

神宮外苑 - 吉田修一『静かな爆弾』の舞台

神宮外苑(東京都・港区)

「そろそろ~、門を~、閉めますので~」
 どこか間延びした声に顔を上げると、「御観兵榎」と名づけられた樹の向こうに竹箒を持った門番が立っている。

冒頭のシーン。男主人公はここで、門番の声に無反応の女性、すぐに耳が不自由と知れる女性と出会います。

明治神宮外苑です。かつて陸軍の練兵場だった時代に、この榎の前に明治天皇の御座所が設けられていたために「御観兵榎(ごかんべいえのき)」という名がついています。現在のものは、台風で倒壊した初代に替わる二代目です。

神宮野球場、絵画館などいろいろな施設がある広い洋風庭園で、新宿区と港区にまたがります。御観兵榎があるあたりは港区。

大通りの銀杏並木が都内の秋の風景として有名です。

明治神宮外苑について

明治神宮外苑(めいじじんぐうがいえん)は、東京都新宿区霞ヶ丘町・港区北青山(一部)にある洋風庭園である。通常は略して神宮外苑と呼ばれることが多い。異称として神宮の杜とも呼ばれる。

明治天皇・昭憲皇太后の遺徳を永く後世に伝えるべく民間有志によって造成され、明治神宮の外苑として1926年に奉献された。内苑が日本風であるのに対して、外苑は西洋風であるのが特徴。広大な敷地の中に聖徳記念絵画館や明治神宮野球場(神宮球場)がある。なお国立霞ヶ丘競技場は、第二次世界大戦前は外苑競技場として外苑の施設であったが、1956年に文部省に移管され、現在は神宮外苑に含まれない。

by Wikipedia

このページへのコメント