城辺 - 宮本輝『地の星』

物語の舞台 - 城辺(愛媛県 南宇和郡愛南町)

城辺町の、県道沿いの商店街は、昭和二十六年に入ると、それまで閉店していた幾つかの店も商いを再開し、木炭バスの廃止とそれにともなうディーゼルバスの運行で、活気を呈するようになった。

大阪を引き払って、愛媛県の南宇和にある郷里へ移り住む松坂一家。「流転の海」第2部です。

「城辺町」は平成の合併により愛南町となっていますが、愛媛県の最南部で、高知県に近い海辺の町です。

掲載日:2012-08-05
※写真はイメージです。地図もイメージであり、写真撮影地点や物語の舞台の特定を意図したものではありません。

図書情報

城辺について

城辺町(じょうへんちょう)は、2004年9月まで愛媛県の南宇和郡に存在した町である。

現在は、平成の合併を経て愛南町となっている。愛南町のほぼ中央部に相当する。


[地理]

愛媛県の最南端である南宇和郡の中央に位置する。北に四国山地から分岐して東から西に走る篠山山脈を持って、北宇和郡津島町に接し、南は東西に長くひらけて太平洋に面している。西は市街地を御荘町に接し、郡内の主要公共施設は当町と御荘町とに集中している。東は、ゆるやかな山地で一本松町に接し、海岸線でわずかに高知県宿毛市に接しているが、宿毛市への交通は専ら一本松町を貫通する国道56号によっている。

町名の由来

    エリア一覧