福岡ドーム - 村上龍『半島を出よ』

物語の舞台 - 福岡ドーム(福岡県 福岡市中央区)

通路から外に出ると、空想科学小説に登場する宇宙船のように、福岡ドームが目の前に広がっていた。すでに試合は始まっていて、そびえ立つ金属の壁の向こうから大歓声が聞こえている。

いまや福岡PayPayドームなわけですが、福岡ドーム。北朝鮮の特殊戦闘部隊が試合中のドームを制圧、ホテル、ショッピングモールも含めてホークスタウン全域が占拠されます。隣にある国立病院とか、現実の事物がそのまま使われているので、あのあたり知ってる人にはリアリティもって迫ってくるんだろうと思います。

東京にミサイルを落とす必要なんてなくって、福岡を押さえるだけでいいというのは確かにその通りで、なるほどこうやればこうなるよなぁ、と物語の構成力に感心します。

掲載日:2005-04-17
※写真はイメージです。地図もイメージであり、写真撮影地点や物語の舞台の特定を意図したものではありません。

図書情報

福岡ドームについて

福岡ドーム(ふくおかドーム)は、福岡県福岡市中央区地行浜2丁目(シーサイドももち)にある、開閉式屋根を持つ多目的ドーム球場。建築面積は69,130m2、最高所は83.96mと地上7階建てとなっており、ドーム球場の広さでは日本一。「第35回BCS賞」受賞。

プロ野球・パシフィック・リーグに所属する福岡ソフトバンクホークスの専用球場(本拠地)であり、日本野球機構(NPB)所属球団の本拠地球場の中で最も西に位置している。

2020年2月29日に「福岡PayPayドーム」(ふくおかペイペイドーム)へ改称された。


[概要]

1993年3月、福岡市中央区地行浜2丁目のアジア太平洋博覧会

エリア一覧