ミヤザワケンジ。

近況報告

5つ星付けましたぜ、高橋源一郎『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』。宮沢賢治の作品を下敷きにした短編集です。

宮沢賢治に関しては新潮文庫版の『新編銀河鉄道の夜』を花巻旅行中に読んだのみなのですが、「オツベルと象」なり「セロ弾きのゴーシュ」なり、「グレーテストヒッツ」にも取り上げられたタイトルをいくつも含みます。にも関わらず、「グレーテストヒッツ」を読んでいても宮沢作品の内容は一切思い出しませんでした。そのくらい遠い、タイトルのみ同じで中身はまったく別物、という作品になってます。

良くも悪くも高橋源一郎節が全開で、もちろん宮沢賢治を読んでない人でも楽しめます。宮沢賢治を知ってる人ならもっと楽しめます・・・というわけでもないので、宮沢作品である必要はあんまりないのかなぁとも思ったのでした。

ところで目次見ると、各短篇がAサイドとBサイドに分かれてるのですが、この区分けの意味分かる人いますか。Aがメジャー作品、Bがマイナー?

このページへのコメント