久しぶりにブックオフへ

近況報告

もとより「作家買い」をするほうなので気になる作家はどんどん読んでいくものの、新しい作家に手を出す暇がなくなってきてます。

ネットで本を買うようになるとそれもまた顕著で。検索フォームに何か入れて探すのと、書棚見て歩くのとはまったく違う動作ですよね。やっぱり検索フォームだと自分のお気に入り作家の名前しか入れないので作家集中に拍車がかかります。

かといって新刊書店でも、読んだことのない作家へ冒険するよりは安心感ある既知の作家新刊へゆるゆると降りていったりします。本も安くないですからね。ああこれも読まなきゃこれも読んでないというなかにおいてはね。

そういうときに有効にはたらくのが古本屋だったりするのですが、この前久しぶりにリアル店舗のブックオフへ行ってきました。初挑戦作家としては絲山秋子『イッツ・オンリー・トーク』、中村航『ぐるぐるまわるすべり台』を買ってきました。どちらも文庫なのでそんなもん新刊書店で買えよという感じですが。そういう、新しい出会いの場としては、やっぱり古本屋っていいなぁと思いました。という小さな話。

このページへのコメント