1Q84 BOOK3読みました。

近況報告

ワイドショーなんかも取り上げて大騒ぎのなか発売された村上春樹『1Q84 BOOK 3』。さっそく読みました。

「これで完結か、さらなる続編があるのか」ってまた意見が割れそうな内容ですね。ひとつの視点はみごとに成就させたんだけど、より大きな謎(どちらかというとより根源的なモチーフ)が置き去りのままです。別に回収されない伏線があっても文学的な瑕ではないのですが、これではふかえりが報われません

村上春樹は世間の評とは無関係に作品を書いてる作家という印象で、実際にもそうなんでしょうけど、今回は偶然にも(か?)大勢の期待に寄り添ったように見えました。受け取りやすいストーリーです。でももうちょっと深いところを揺さぶられる読書体験を期待してたんですよね。

こうなるとやっぱりBOOK4を焦がれてしまいます。

このページへのコメント