小林恭二

新刊・近刊情報

小林恭二の新刊・近刊情報

小林恭二『これが名句だ!』

小林恭二『これが名句だ!』

2014年01月23日 角川俳句ライブラリー 1680円 ISBN:9784046526243

誰もが納得する名句のオンパレード! 作家でもある著者が、実作俳人と異なる広い視野から、数多くの名句を読み解き、俳人の業績、一句の背景、俳句への向き合い方など、俳句のすばらしさを、やさしく、深く、書き綴る。名句鑑賞の決定版。

小林恭二『この俳句がスゴい!』

小林恭二『この俳句がスゴい!』

2012年08月24日 角川書店 1680円 ISBN:9784046526168

名句のどこがスゴいのか。高浜虚子から金子兜太まで10名の著名俳人の名句を、巧みな筆致で読み解く。よく知られた名句、隠れた秀句が、著者の見事な鑑賞で凛と立ち上がる。「俳句はスゴい」と納得できる一冊。

佐々木丞平/小林恭二ほか『蕪村 放浪する「文人」』

佐々木丞平/小林恭二ほか『蕪村 放浪する「文人」』

2009年11月25日 新潮社 1470円 ISBN-10:4106021951

江戸ルネサンス最大のマルチアーティスト! 絵筆をとれば文人画から俳画まで自在にこなし、俳句を詠んでは芭蕉とならび、書にも抜群のセンスを示す、蕪村こそ詩・書・画、いわゆる三絶をきわめた、たぐいまれな総合芸術家だった! 旅を重ねた若き日から、京都に腰を落ち着けた円熟の晩年まで、大胆に変貌しつづけた蕪村の世界を、やさしく、懇切丁寧に追う。
小林恭二『麻布怪談』

小林恭二『麻布怪談』

2009年11月14日 文藝春秋 2000円 ISBN-10:4163286705

男と狐と幽霊と。摩訶不思議な恋変化の行く末は…… 江戸の末、鄙びた麻布に独り住む男のもとへ通いつめる美少女幽霊にあだっぽい狐女。現世の憂さを忘れさせてくれる、極上の妖異譚
小林恭二『完全版 戯曲 宇田川心中』

小林恭二『完全版 戯曲 宇田川心中』

2009年11月05日 岩波書店 2100円 ISBN-10:400022574X

永遠の愛はどのように可能なのか.次々に襲う,悪や怨念,因果応報の魔の手を逃れ,愛の純粋さを保つために,愛し合う二人は心中へむかう.近松,黙阿弥など歌舞伎の深い伝統をふまえ,小説家小林恭二が書き下ろす,江戸から現代へ,時代をこえて求め会う,究極の愛の物語.

このページへのコメント