白石一文『僕のなかの壊れていない部分』

現代文学100字レビュー

作品情報

白石一文『僕のなかの壊れていない部分』の表紙画像
タイトル
僕のなかの壊れていない部分
かな
ぼくのなかのこわれていないぶぶん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
僕のなかの壊れていない部分
所要
5時間40分
評価
★★★★★
レビュー
生への強烈な諦念で近づく誰もを傷つける「僕」を、最後まで受け入れられない。でも許せるような気がする。表層を泳ぐように三人の女性と関係を続けても、それはタフネスではなくって厚い壁を築く僕らの弱さだから。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント