鈴木清剛『バンビの剥製』

現代文学100字レビュー

作品情報

鈴木清剛『バンビの剥製』の表紙画像
タイトル
バンビの剥製
かな
ばんびのはくせい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
バンビの剥製
所要
1時間40分
評価
★☆☆☆☆
レビュー
姉との暮らし、恋人との関係、将来を考えることを回避して、ハテ?とか言ってりゃ気楽な無気力世代。そんな若者をありのまま描こうというテーマは分かるが文体までユルくしなくても。バンビの剥製が暗喩なのかも謎。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント