白石一文『すぐそばの彼方』

現代文学100字レビュー

作品情報

白石一文『すぐそばの彼方』の表紙画像
タイトル
すぐそばの彼方
かな
すぐそばのかなた
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
すぐそばの彼方
所要
8時間
評価
★☆☆☆☆
レビュー
次期首相を窺う大物政治家を父にもち、秘書として政界に絡まる男の物語。流されるままの主人公は感情移入を拒んでるし、サブストーリーである「愛と事件」もやや消化不良。「永田町」が好きな人は読んでみてもいい。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント