白石一文『草にすわる』

現代文学100字レビュー

作品情報

白石一文『草にすわる』の表紙画像
タイトル
草にすわる
かな
くさにすわる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
草にすわる / 砂の城
所要
2時間20分
評価
★★☆☆☆
レビュー
表題作では心中未遂の果てに、「砂の城」では血族の連鎖の先に、生きることの意味を見出す、のだが、心の動きを書き込まない作風ゆえにか伝わりにくいかも。想像力で補う元気があれば一緒に覚醒できるかもしれない。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント