真駒内

物語の舞台への旅

真駒内 - 大崎善生『別れの後の静かな午後』の舞台

真駒内(北海道・札幌市南区)

写真

千歳と札幌の間に高速道路が建設され、原生林に囲まれた恵庭岳は滑降コースとして切り崩された。真駒内にはオリンピック村として原野に高層ビル群が立ち並んだ。

「サッポロの光」より。

主人公が少年期を過ごした札幌で、オリンピックがあった頃を思い出す。

1972年。70m級ジャンプでメダル独占、とか当時の騒ぎは私(芝田)がまだ産まれてないのでよく分かりませんが、オリンピック誘致によって町の近代化が一気に進んだのは確か。オリンピックは町の形を変えていきます。北京はどんな様子でしょうね。

真駒内について

真駒内(まこまない)は、北海道札幌市南区にある札幌市営地下鉄南北線真駒内駅を中心とした、町名に「真駒内」を冠する地域一帯を示す。

南区役所を初めとした公共施設が集まる南区の中心。。

地下鉄のシェルター(高架)に張り付くように団地群が形成されている。主に低所得者向けの道営住宅であるが、駅北側シェルター沿いは中所得者向けのURなどがある。団地群より西は高級住宅地であり、真駒内の多くの部分を占める。この地域はことから、。ただし、住所名に真駒内とつくにもかかわらず、真駒内本町など、これに当てはまらない地区もある。商業施設への規制が厳しい地域であるため、駅周辺に目立った商業施設は少なく、大きな商業施設は駅からバスで10分ほどの川沿・五輪大橋周辺に集中している。

真駒内の南側は、山間部であり旧真駒内種畜場を開拓した駒岡地区となっているが、正式な町名は「真駒内」である。駒岡地区からさらに南側に位置する新興住宅地「サンブライト真駒内」も正式な町名は「真駒内」である。しかし、真駒内駅から直線距離で約6kmと距離があることや、近隣に常盤地区があることから、「サンブライト真駒内は常盤地区にある」といった誤った認識をされることがある。

by Wikipedia

このページへのコメント