択捉島

物語の舞台への旅

択捉島 - 島田雅彦『エトロフの恋』の舞台

北海道・択捉島

繁華街には色がなかった。元は鮮やかな赤や青だったものも色褪せ、古ぼけた白黒の風景写真を眺めているようだった。イワンは一つ一つの建物を指差し、あれがデパートです、それがディスコです、これは食料品店です、と説明するが、どれも廃屋にしか見えない。

日本最北端の島、択捉島。なかなかアクセスの難しい島ですが、主人公カヲルはサハリン経由での海路で入島します。

日本とロシア、日本とアメリカ、この国の狭間を描く作品です。皇室との間にある不定形のスペースと同じように、エトロフが描かれています。国を追われるように、逃亡してたどり着いたのがエトロフ。

択捉島について

択捉島(えとろふとう、Iturup Island)は、千島列島南部に位置する同列島内で面積が最大の島。複数の活火山が存在する火山島である。

北方領土日本固有の領土である。

地名の由来は、アイヌ語の「エトゥ・オロ・オ・ㇷ゚(etu-oro-o-p,鼻・の所・にある・所〈岬のある所〉)」或いは「エトゥ・オㇿ・オ・ㇷ゚(etu-or-o-p,鼻・水・ある・もの〈クラゲ〉)」。ロシア名はイトゥルップ島 Итуруп)。

by Wikipedia

このページへのコメント