仁宇布

物語の舞台への旅

仁宇布 - 村上春樹『羊をめぐる冒険』の舞台

仁宇布(北海道・美深町)

我々は旭川で列車を乗り継ぎ、北に向って塩狩峠を越えた。九十八年前にアイヌの青年と十八人の貧しい農民たちが辿ったのとほぼ同じ道のりである。

羊博士ゆかりの「十二滝町」へ向かっています。十二滝町は実在しない地名ですけど、作中にあるとおりのアクセスでは、旭川から宗谷本線で北上して、「典型的な小規模の地方都市」でさらに乗り換えて東へ電車で2時間弱で終点の「十二滝町駅」に着きます。

1985年に廃線になっていますが「美幸線」が宗谷本線美深駅から東へ伸びていました。終点は仁宇布(にうぷ)。おそらくこのあたりでしょう。

仁宇布周辺では、美幸線の廃線跡を活かして、トロッコで自走できるレジャー「トロッコ王国美深」が運営されています。

仁宇布駅について

仁宇布駅(にうぷえき)は、北海道中川郡美深町字仁宇布にあった日本国有鉄道(国鉄)美幸線の駅(廃駅)である。美幸線の廃線に伴い1985年(昭和60年)9月17日に廃駅となった。

廃止時点で、島式ホーム(片面使用)1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の北東側(仁宇布方面に向かって左手側)に存在した。列車の発着に使用する駅舎側の1番線だけではなく、駅舎と反対側の乗り場(2番線)の線路も敷設され側線扱いとなっていた。2線はホームの先で収束し、路線延長時には列車交換が可能な構造となっていた。ほかに2番線の外側に貨物用の側線(3番線)を1本有した。

職員配置駅となっており、木造プレハブ造りの駅舎が存在した。駅舎は構内の南東側に位置し、ホーム南側を結んだ構内踏切で連絡した。1981年(昭和56年)時点で職員は合計6人が配置されていた。

また、1980年(昭和55年)時点では、駅裏に日本鉄道建設公団の線路敷設基地が置かれており、構内にはレールや枕木が積まれていた。

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「ニ・ウプ」(木があるもの)に由来する。

by Wikipedia

このページへのコメント