草津温泉

物語の舞台への旅

草津温泉 - 中村航『夏休み』の舞台

草津温泉(群馬県・草津町)

 湯畑に到着すると、そこにはちょっと感動的な光景があった。
 全体を俯瞰すると極楽のように見え、細部を観察すると地獄のようでもあった。

妻同士が友達で、その夫二人(義理の友達)でレンタカーを借り、妻たちが先に投宿している(はずの)草津温泉へやってきます。

草津温泉街の中心、湯畑。確かに極楽にして地獄。

草津温泉について

草津温泉(くさつおんせん)は、日本の群馬県吾妻郡草津町草津界隈(江戸時代における上野国吾妻郡草津村界隈、幕藩体制下の上州御料草津村界隈〈初期は沼田藩知行〉)に所在する温泉である。草津白根山東麓に位置する。

日本を代表する名泉(名湯)の一つであり、万里集九と林羅山は日本三名泉の一つに数えた (cf. 1502,1662)。江戸時代後期以降何度も作られた温泉番付の格付では、当時の最高位である大関(草津温泉は東大関)が定位置であった (cf. 1817)。

by Wikipedia

このページへのコメント