坂戸

物語の舞台への旅

坂戸 - 佐川光晴『とうさんは、大丈夫』の舞台

三月三十日の夕方、私は妻の運転する車で坂戸に向かった。陽二が、自分も付いていくと言って泣いたが、私はろくに宥めもせずに車のドアを閉めた。

坂戸は埼玉県中央部にある市で、東武東上線の駅があります。

主人公は坂戸にある児童養護施設で働くことになり、そちらへ向かいます。「坂戸ホーム」という施設名ですが、現実には存在しない名ですね。

坂戸市について

坂戸市(さかどし)は、埼玉県中部にある人口約10万1千人の市である。東京都特別区部への通勤率は13.1%、川越市への通勤率は11.4%(いずれも平成22年国勢調査)。江戸時代には千人同心街道の坂戸宿であった。1916年、東上鉄道(現東武鉄道東上本線)が開通し、埼玉のベッドタウンとして発展した。

市の西部を南西から高麗川(こまがわ)が流れ、市域の端を北から東へ流れる越辺川(おっぺがわ)に注ぐ。東武東上線が南北に走る。

* 山: 城山

* 河川: 高麗川、越辺川など

by Wikipedia

このページへのコメント