浦和

物語の舞台への旅

浦和 - 舞城王太郎『世界は密室でできている。』の舞台

浦和(埼玉県・さいたま市浦和区)

写真

ふうん、埼玉か。←いやふうんじゃねえやろ埼玉上陸!僕は新宿の都庁から、埼玉の......どこだか知らない場所につれてこられたんだ!ってパニックも朦朧とした頭にはハッキリとは浮かんでこずに、僕はとりあえず車を降りる。

福井の高校生が修学旅行で東京へ、そこでひょんな事件に巻き込まれて埼玉の浦和市へ。いまはもちろん市町村合併により「さいたま市」となってるわけですが。

あまりあのあたりって知らないので「埼玉って、福井と景色が似てますね」なんて台詞が出てきても、ふうん、そうなのかと思ってしまいます。

浦和区について

浦和区(うらわく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つ。埼玉県庁やさいたま市役所などの行政機関、浦和パルコや伊勢丹浦和店などの商業施設が集積する他、文教都市としても知られる。

埼玉県さいたま市南部に位置する。旧浦和市の中央部北側に相当し、旧市の中心市街地を含む。さいたま市が政令指定都市に移行するに当たり、旧浦和市は4つの区に分割され、西部に桜区、中心市街地を含む中央部北側に浦和区、中央部南側に南区、東部に緑区が設置された。中央部北側に位置する浦和区の区域は、おおむね旧浦和町と木崎地区に相当するが、これに加えて六辻地区のうち神明の北側3分の2ほどが浦和区に含まれる。また、木崎地区のうち大原六・七丁目は区制施行と同時に大宮区となる。

by Wikipedia

このページへのコメント