田園調布

物語の舞台への旅

田園調布 - 舞城王太郎『みんな元気。』の舞台

田園調布(東京都・大田区)

半ばわざと私はクッキーを空から撒く。クッキーにぶつかって怪我する人はいないだろう。とは言え下の人ごめんごめん...東横線沿線の高級住宅街にばらばら落ちていくゴディバの美味しそうなクッキーを眺めていると、多摩川にさしかかったところで私は赤い屋根の小さな四角いおうちを見つける。

主人公枇杷ちゃんがロケット噴射機ランドセルを背負って東横線上空を南下してるところ。・・・そういう、ヘンな小説です。

東横線で多摩川手前の高級住宅街ならもちろん田園調布。芸能人が住んでたり(今でも?)する住宅街は駅の西側、駅の東は商業区です。

個人的には「住んでみたい」とかは思わないところですが、やはりステータスなんでしょうね(今でも?)。

@nifty:デイリーポータルZ:どこまでが田園調布か
http://portal.nifty.com/special06/03/09/

田園調布について

田園調布(でんえんちょうふ)は、東京都大田区の町名。郵便番号は145-0071。大田区の最西端に位置し、世田谷区最南端に隣接、西側を流れる多摩川を都県境として神奈川県川崎市中原区の東側にあたる。日本の高級住宅街として有名。

田園調布は、1918年(大正7年)に実業家渋沢栄一らによって立ち上げられた『理想的な住宅地「田園都市」の開発』を目的とする田園都市株式会社により開発、1923年(大正12年)8月から分譲された地域である。現在の大田区田園調布の大部分の地域が第一種低層住居専用地域とであり、東京でも有数の高級住宅街である。

大田区田園調布(でんえんちょうふ)以外に、田園調布本町(でんえんちょうふほんちょう)、田園調布南(でんえんちょうふみなみ)の住所表記もあるが、旧「大森区田園調布」に相当する地域で、大田区田園調布の南側に位置する。また隣接する世田谷区側に玉川田園調布(たまがわでんえんちょうふ)の表記があるが、田園都市株式会社が多摩川台住宅地として田園調布と一体に造成・分譲を行った地域である。

by Wikipedia

このページへのコメント