目黒雅叙園

物語の舞台への旅

目黒雅叙園 - 古川日出男『LOVE』の舞台

目黒雅叙園(東京都・目黒区)

川が流れている。タワーのある敷地の、裏側だ。暗喩(メタファー)としての背中側だ。目黒川が流れていて、それが下目黒一丁目と二丁目の、境界になっている。川幅はそこそこ、ある。遊歩道がついている。春になると、それが満開の桜並木状態、しかも一部はアーチ状の、になったりするが、この日は春ではない。

目黒から品川あたりにかけて、いろんな出来事が重層的に発生する物語です。

ここでいうタワーは目黒駅そば、目黒雅叙園・アルコタワーですね。第一の主人公カナシーの職場があるビルです。そのすぐ裏手に流れる目黒川。

作中にもあるとおり、目黒川は決してきれいな川ではないんですが桜のシーズンは花見客で賑わうエリアです。今年の桜はどんなもんでしょうかね。

目黒雅叙園について

目黒雅叙園(めぐろがじょえん)とは、東京都目黒区にある、結婚式場・ホテル・レストランなどの複合施設である。運営法人の株式会社目黒雅叙園(K.K. Meguro Gajoen)はワタベウェディングの完全子会社。土地施設全体は、外資系ファンドのラサールインベストメントマネージメントが設立した特別目的会社が所有している。2017年4月1日、ホテル雅叙園東京に施設名称を変更した。

by Wikipedia

このページへのコメント