三ノ輪

物語の舞台への旅

三ノ輪 - 川上未映子『乳と卵』の舞台

三ノ輪(東京都・台東区)

<花火って色んなん売ってるとこあるん?>と訊くので、や、そんなんなんぼでもあるわよ、三ノ輪をなめんなよ、とわたしは笑って云った。

「上野で山手線から乗り換えて二駅」という表現が前半にあるので、日比谷線だったら三ノ輪、銀座線だったら田原町?どっちかな?と思ったら「三ノ輪」と言ってるシーンもありました。

台東区にあり、南千住のひとつ手前になる三ノ輪(みのわ)。下町の住宅街になるのでしょうか、行ったことがないのでわかりませんが。

作中では主人公の女性が、この駅を最寄りとするアパートに暮らしています。その姉と娘が上京して訪ねてくる話です。

三ノ輪について

三ノ輪(みのわ)は、東京都台東区の地名。現行行政地名は三ノ輪一丁目及び三ノ輪二丁目。

台東区の北部に位置する。町域北部から北東部は荒川区南千住に接する。南東部は台東区日本堤に接する。南部は台東区竜泉に接する。西部は台東区根岸に接する。町域内は商店やビル、寺院や住居などが混在している。町域内にある大関横丁交差点は明治通り、昭和通り、日光街道が交わり交通の要所となっている。他に町域内には国際通り、土手通りなどが通っている。下谷に所在する下谷警察署、東上野に所在する上野消防署の管轄にあたる。東京メトロ日比谷線の駅名にも使われる「三ノ輪」の名は台東区のみならず、近隣の荒川区南千住や東日暮里などにも広く見られる呼称である。

下谷三ノ輪町の一部が、三ノ輪として起立された。

by Wikipedia

このページへのコメント