サントリーホール

物語の舞台への旅

サントリーホール - 島田雅彦『佳人の奇遇』の舞台

サントリーホール(東京都・港区)

写真

クラシックの殿堂サントリーホールは世界の巨匠に愛されてきた。若い演奏家はここで演奏することを夢見る。

港区赤坂、アークヒルズにあるコンサートホール。世界最大級のパイプオルガンを擁し、引用部にあるとおりのクラシックの殿堂です。

小説は、ここで『ドン・ジョバンニ』を観るために、あるいは演るために集まる人に次々とスポットをあてる形になってます。

サントリーホールについて

サントリーホール(Suntory Hall)は、東京都港区赤坂一丁目にあるコンサートホール。アークヒルズの一画に1986年10月12日に開館した。森ビルが所有し、公益財団法人サントリー芸術財団が運営する。

東京初のクラシック音楽コンサート専用ホールである。多くの来日オーケストラや著名なソリストの東京圏に於ける公演が行われている。大ホールは舞台後方にも客席があるヴィンヤード型コンサートホールであるが、座席の配置上、本格的舞台装置や背景を必要とする伝統的なオペラやバレエは上演できない。

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団を除くすべての在京プロ・オーケストラがここで定期演奏会を行う。

「ホール・オペラ」という独自のオペラ上演形態(本格的な舞台装置や照明は用いずに演奏する方式で、基本的には一般に「演奏会形式」と呼ばれている上演方式の一種)を生み出すなど、開館以来日本のクラシック音楽業界を牽引し続けているホールの一つである。

2007年4月2日から同8月31日まで改修工事のため休館し、2007年9月1日にリニューアルオープン。それに合わせ佐治信忠(サントリー代表取締役社長)に代わり佐治敬三の娘婿でチェリストの堤剛が館長に就任した。

by Wikipedia

このページへのコメント