府中市

物語の舞台への旅

府中市 - 多和田葉子『犬婿入り』の舞台

府中市(東京都・府中市)

そもそもこの町には北区と南区のふたつの地区があって、北区は駅を中心に鉄道沿いに発達した新興住宅地、南区は多摩川沿いの古くから栄えていた地域で、(中略)また<日本橋から八里>と刻まれた道標の立っているあたりは、小さな宿場町として栄えたこともある。

作品中では町の名前は直接出てきません。でも多摩川沿いだということと、日本橋から八里という点から、府中市と考えられます。日本橋から八里の宿場は甲州街道の府中宿(本宿)。「甲州街道本宿一里塚跡」が府中市の史跡として、NEC府中事業場内に残ります。

府中市のなかでも、南側、南武線沿線から多摩川寄りのあたりが舞台になるということになります。ここで学習塾を開いている先生が主人公です。

府中市_(東京都)について

府中市(ふちゅうし)は、東京都多摩地域に所在する市である。東京都のほぼ中央に位置し、旧北多摩郡に属する。市名は律令時代に武蔵国の国府が置かれたことに由来し、現在も東京多摩地域の拠点都市のひとつとなっている。当地以外の国府・府中と区別するため「武蔵府中」と呼ばれることもある(例:武蔵府中税務署、再開発ビル「武蔵府中 ル・シーニュ」など)。「ほっとするね、緑の府中」がキャッチフレーズになっている。

by Wikipedia

このページへのコメント