ラゾーナ川崎プラザ

物語の舞台への旅

ラゾーナ川崎プラザ - 東浩紀/桜坂洋『キャラクターズ』の舞台

ラゾーナ川崎プラザ(神奈川県・川崎市)

写真

夕飯どきのショッピングモールは人であふれていた。JR川崎駅に直結するラゾーナは、スカイウォークを通って駅から流入してくる会社帰りの人間と、車を使って幹線道路からやってきたファミリーで満載だ。

川崎にあるショッピングモール、ラゾーナ川崎プラザ。家から近いこともあって、子供を連れてよく行きます。やっぱりファミリーが多い感じがします。

小説では、クリーンでファミリーなショッピングモールから新しい小説を始めようと、主人公をラゾーナへ向かわせます。この「ショッピングモール」という装置は、東浩紀『クォンタム・ファミリーズ』でも有効に使われていますね。

ラゾーナ川崎プラザについて

ラゾーナ川崎プラザ(ラゾーナかわさきプラザ)は、JR川崎駅西口前の再開発地区「ラゾーナ川崎」に、2006年9月28日に開業したショッピングモール。NREG東芝不動産株式会社と三井不動産株式会社の共同出資による施設である。

三井不動産は当初「ららぽーと川崎」の名称で開業する予定であったが、当時の川崎市長でラゾーナ川崎の再開発事業を推進した阿部孝夫が「他にもある名前だと目立たない。川崎にしかない名前を」と、独自の名称を強く要望した結果、ラゾーナ川崎という名前になった。

by Wikipedia

このページへのコメント