北鎌倉

物語の舞台への旅

北鎌倉 - 藤沢周『武曲』の舞台

北鎌倉(神奈川県・鎌倉市)

写真

線路を挟んだ白川の後ろ姿を振り返りながら、自分は一体どうするつもりなんだろうと思う。円覚寺前の白鷺池の橋を渡り、鎌倉街道に出て、どっちへ歩くつもりだ? たぶん、右だろう。北鎌倉女子高校の生徒達が群をなして歩いてくるのと逆に、大船方面にいくのだろう。

北鎌倉、円覚寺総門と横須賀線の線路を挟んである池が白鷺池。円覚寺の境内地を割って線路が敷かれたわけですね。

主人公は高校剣道部の少年、「大船方面」にはコーチの家があって、そこへ向かおうとしています。剣道でまったく敵わなかったコーチに今一度勝負を挑みたいと向かっています。北鎌女の女の子に声をかけたりもせず。

山ノ内_(鎌倉市)について

山ノ内(やまのうち:)は、鎌倉市の大字。郵便番号247-0062。

山之内などとも書かれる。また、北鎌倉駅があるため北鎌倉という通称で知られ、建長寺・円覚寺・東慶寺・浄智寺・明月院などの寺院で有名な観光地。市の区分では鎌倉地域(狭義の鎌倉)ではなく大船地域に入るが、鎌倉地域(旧鎌倉)のすぐ北西に接し、巨福呂坂および亀ヶ谷坂の切通しで鎌倉地域につながる。

北西にある大船方面に開けた谷状の地形であり、その谷地を鎌倉街道・横須賀線が並行して走る。

南北丘陵地から鎌倉街道に向けて開けた小規模な谷戸は、1つの谷戸全体を1寺院が占めるように建てられている場所が多い。

北鎌倉駅開設後に別荘・住宅が増えたが、地内西側以外はあまり開発されておらず、特に南部・北東部の丘陵地帯には自然が多く残る。

*六国見山

by Wikipedia

このページへのコメント