内野町

物語の舞台への旅

内野町 - 藤沢周『心中抄』の舞台

内野町(新潟県・新潟市西区)

写真

新潟の小さな漁師町に生まれた私の世界は、三区の神社であり、隣の松野屋という割烹であり、よく遊んでくれた若い芸者さん達であり、いつ見てもミルクコーヒー色をしている新川であり、風の強い日には波の音が聞こえるほど近くにある日本海だったから。

作中、何度も何度も繰り返されるフレーズ。

フィクション、小説ですが、舞台は藤沢周の故郷、新潟市西区にある内野です。酒蔵もあるし、おいしいお酒が飲めて芸者がいた町。

内野駅のそば、新川にかかる三日月橋のたもとにある内野大神宮が引用中にある神社。道をはさんで「松野屋」もあります。

内野町について

内野町(うちのまち)は、かつて新潟県西蒲原郡にあった町。1960年1月11日の新潟市への編入合併によって消滅し、現在は新潟市西区の一部となっている。

以下の記述は合併直前当時の旧内野町に関しての記述であり、現在では名称等が異なる場合がある。なお、ここに記述されていない内容に関しては新潟市などの記事を参照。

by Wikipedia

このページへのコメント