富山城

物語の舞台への旅

富山城 - 宮本輝『螢川』の舞台

富山城(富山県・富山市)

写真

 富山城の桜はまだ七分咲きといったところだったが、濁って淀んだお堀の水には水草が青々と輝いている。
 千代は新聞社のビルを出ると、富山城の前まで歩いてきて、そこでひと休みした。

表題作より。

富山県富山市、町の中心部に富山城址が公園となっています。現存する遺構は少なく、昭和に模擬天守が建てられています。

一部堀が残っていて、春には堀に掛かる桜が見られます。

富山城について

富山城(とやまじょう)は、富山県富山市丸の内にあった日本の城である。「浮城(うきしろ)」「安住城(あずみじょう)」ともいわれた。続日本100名城の一つである。

富山の地は北陸街道と飛騨街道が交わる越中中央の要衝であり、富山城は16世紀中ごろ越中東部への進出を図る神保長職により築かれたとされる。神通川(現在の松川)の流れを城の防御に利用したため、水に浮いたように見え、「浮城」の異名をとった。当時の神通川は富山城の辺りで東に大きく蛇行しており、その南岸に富山城は築かれていた。

また、瀧廉太郎の「荒城の月」の着想の元になった城の一つといわれている。現在、城跡は「富山城址公園」となっている。

by Wikipedia

このページへのコメント