御前崎

物語の舞台への旅

御前崎 - 椎名誠『わしらは怪しい雑魚釣り隊』の舞台

御前崎(静岡県・御前崎市)

写真

昼めしの支度をしてくれるリンさんと三人のドレイを残して雑魚釣り隊は四台のクルマに分乗し、エンジンの音轟々と御前崎漁港内の岸壁に出撃した。

「演歌焚き火の夜はふけて」より。

イワシが入れ食い、との情報をキャッチして御前崎に出撃する一行。

静岡県の南に突き出した岬で、御前崎港は漁港というより貨物港として物流を担う港ですね。近くには美しい御前埼灯台があります。

御前崎について

御前崎(おまえざき)は、静岡県御前崎市御前崎に属し、東に駿河湾を、南に遠州灘を望む岬。静岡県では島嶼を除けば最南端である。

東へ突き出る形で伸びる岬で、遠州灘側は強い湾岸流により砂丘が続くが、近年では海岸侵食が激しく、海岸線が後退している。一帯は風が強く、殊に10月から4月にかけて遠州の唐っ風と呼ばれる偏西風が吹く。東岸には御前崎港、その北側には地頭方漁港が立地する。海岸線に沿った県道が整備されて眺望が楽しめる。

一帯は静岡県立御前崎遠州灘自然公園に指定されており、また岬近辺を御前崎ケープパークと称して整備している。

「御前崎のウミガメおよびその産卵地」は、国の天然記念物に指定されている。毎年6月〜8月にアカウミガメの産卵が見られ、一定個体数以上の産卵地としては日本最北限である。

最南端には御前埼灯台が立つ。海抜53m、光達19海里。多くの灯台を手がけた英国人リチャード・ヘンリー・ブラントンにより設計され、1874年に初点灯した。映画『喜びも悲しみも幾歳月』の舞台の一つともなった。参観灯台で、一般人も有料で見学できる。

by Wikipedia

このページへのコメント