伊豆多賀

物語の舞台への旅

伊豆多賀 - 小林恭二『短歌パラダイス』の舞台

伊豆多賀(静岡県・熱海市)

写真

 いざわ荘は、いかにも伊豆らしい明るく清潔な民宿である。玄関前には三メートルほどにも成長したウチワサボテンが立っており、南国情緒をかもしだしている。
 ここは元来画家で作家の司修さんの定宿で、宿選びに難渋していたおり、司さんと親しい川上氏がはっと思い出したのだ。

熱海から伊東線で2駅、伊豆多賀にある民宿。ここに歌人20名が詰め込まれ「歌合」が行われる。

伊豆多賀は網代温泉のエリアになるようですが、この宿は温泉ではないのですかね。伊豆に行って温泉じゃないというのはどうなのかという感じですが、静かに歌を詠むにはいいところですか。

伊豆のほうはエリアが細分化されすぎてて何がどこにあるのか、どこからどこまでが何温泉なのかよく分かりませんね。

伊豆多賀駅について

伊豆多賀駅(いずたがえき)は、静岡県熱海市上多賀にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜支社伊東線の駅である。駅番号はJT 23。

日中を中心に伊東線、伊豆急行線との相互直通運転が実施され、朝・夕 - 夜には伊東線を走行する上野東京ライン系統の列車も発着する。

交通系ICカード「Suica」が導入され、「Suica首都圏エリア」に属し、首都圏ICカード相互利用サービスおよび交通系ICカード全国相互利用サービスに対応している。また、旅客営業規則の定める大都市近郊区間制度における「東京近郊区間」にも属している。

伊東線中間駅(熱海駅の被管理駅である来宮駅・当駅、伊東駅の被管理駅である網代駅・宇佐美駅)では2015年(平成27年)3月8日より実施の無人駅化に合わせた「駅遠隔操作システム」の導入に伴い、自動券売機から多機能券売機への交換、伊東駅へ繋がるインターホン・券面確認台を併設した自動精算機の新設が行われた。従来、有人窓口以外で行うことができなかった処理については伊東駅の駅員が自動精算機を遠隔操作することにより対応している。

by Wikipedia

このページへのコメント