伊豆多賀

物語の舞台への旅

伊豆多賀 - 小林恭二『短歌パラダイス』の舞台

伊豆多賀(静岡県・熱海市)

写真

 いざわ荘は、いかにも伊豆らしい明るく清潔な民宿である。玄関前には三メートルほどにも成長したウチワサボテンが立っており、南国情緒をかもしだしている。
 ここは元来画家で作家の司修さんの定宿で、宿選びに難渋していたおり、司さんと親しい川上氏がはっと思い出したのだ。

熱海から伊東線で2駅、伊豆多賀にある民宿。ここに歌人20名が詰め込まれ「歌合」が行われる。

伊豆多賀は網代温泉のエリアになるようですが、この宿は温泉ではないのですかね。伊豆に行って温泉じゃないというのはどうなのかという感じですが、静かに歌を詠むにはいいところですか。

伊豆のほうはエリアが細分化されすぎてて何がどこにあるのか、どこからどこまでが何温泉なのかよく分かりませんね。

伊豆多賀駅について

伊豆多賀駅(いずたがえき)は、静岡県熱海市上多賀にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)伊東線の駅である。

* 1935年(昭和10年)3月30日 - 熱海 - 網代間の開通時に、国有鉄道伊東線の駅として開業。

* 1958年(昭和33年)11月1日 - 貨物の取扱を廃止。

* 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。

* 2004年(平成16年)10月16日 - ICカードSuica供用開始。

* 2007年(平成19年)6月22日 - みどりの窓口廃止。

*2015年(平成27年)3月8日 - 無人化。

by Wikipedia

このページへのコメント