長久手

物語の舞台への旅

長久手 - 井沢元彦『逆説の日本史11 戦国乱世編』の舞台

長久手(愛知県・長久手市)

写真

家康軍が最初に陣を張ったのは富士ヶ根(愛知県長久手町)であり、池田勝入・森長可の連合軍を迎え撃つべく、家康はすぐ近くの仏ヶ根に本陣を移した。

「小牧・長久手の戦い」で秀吉軍と家康軍が激突した長久手。長久手においては家康軍の大勝に終わります。

長久手の古戦場跡は現在は古戦場公園として整備されています。郷土資料室なんかもあってこの戦いの様子を解説しています。このあたりが仏ヶ根。周辺には勝入や長可の塚など史跡が点在します。

愛知万博が終わって厳しい状態になってるリニモで「長久手古戦場駅」を降りるとすぐ前が古戦場公園です。

長久手市について

長久手市(ながくてし)は、愛知県北西部(尾張東部)にある、人口約6万人の市。

天正年間の小牧・長久手の戦いではこの地域で長久手の戦いが行われた。現在では名古屋市のベッドタウンとして発展している。また全国で一番住民平均年齢が若い自治体でもある。

長久手市の北東に隣接する瀬戸市と共に、2005年日本国際博覧会「愛・地球博」(愛知万博)の開催地であり、リニモという日本では初めての実用的な磁気浮上式鉄道(狭義のリニアモーターカーの一種、HSST)が通っている(名古屋市 - 長久手市 - 豊田市)。

2008年5月1日に推計人口が5万人を突破したことに伴い、2012年1月4日に市制施行した。2015年の国勢調査では人口増加率は10.7%であり、全国の市の中で最も高い。市制施行前は愛知郡に属していた。

* 熊張村は、昔は熊村または曲村といった。曲回りの多い地形ならびにくまざさが生い茂る土地柄から転化した。

* 岩作村は、古代に垂仁天皇の御世皇后に石棺を奉納したことで石作の姓を賜ったことから。

* 長湫村は、地形がくねくねした山坂、狭間の多い所より長谷、長湫より転化した。

by Wikipedia

このページへのコメント