名古屋駅

物語の舞台への旅

名古屋駅 - 町田康『ゴランノスポン』の舞台

名古屋駅(愛知県・名古屋市中村区)

写真

言われた通りに太閤通口を出て左のタクシー乗り場のあたりにいたって時間を確認すると一時一分だった。しまった、と思った。最低でも五分前に到着して先生を待つつもりだったのだが、SOYJOYなんかをぐずぐず食べていたから約束の時間を過ぎてしまった。

「先生との旅」より。

講演でスピーチをするため、主人公は名古屋へ来ています。駅で先生と編集者と待ち合わせ。太閤通口を出てすぐ左手は実際にタクシー乗り場です。

名古屋へは何度も行ったことがありますが、名古屋駅の「太閤通口」「桜通口」という呼び方は、どうしても覚えられません。「エスカ側」と「タカシマヤ側」という認知しかできません・・・。そのなかでは、エスカ側である太閤通口のほうが、親しみがあります。

名古屋駅について

名古屋駅(なごやえき)は、愛知県名古屋市中村区名駅にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋臨海高速鉄道・名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の駅である。

by Wikipedia

このページへのコメント