物語の舞台への旅

淀 - 古川日出男『ドッグマザー』の舞台

淀(京都府・京都市伏見区)

写真

翌日、僕は淀にいる。淀には京都競馬場がある。これが東の六地蔵に対しての西だ。僕と博文を送るとき、女はこの淀も京都市内で、京都市の南端にあって伏見区なのだと言った。市内であるとかないとかの価値は僕には全然わからなかったし、未知、または無知であって当然だったけれども、僕は京都競馬場のことは知っている。

京都市南部、伏見区にある淀。ランドマークとしてあるのが京都競馬場です。あるいは「淀」と言うだけで競馬場を指したりしますね。

作中では、主人公の青年が「伊藤博文」という名の犬とともに、東京から京都へやってきます。まず居と定めるのが淀。東寺とか、京都市内のスポットがほかにもいろいろ舞台として登場する小説です。

淀について

淀(よど)は、京都府京都市伏見区西南部の地域名。同地域に所在する京都競馬場の通称でもある。

もとは淀川水系の桂川、宇治川(淀川本流)、木津川の三川合流の地だったが、明治初期の木津川付け替え、明治後期の宇治川付け替えによって地形が大きく変化した経緯を持つ。この影響で、宇治川の現河道や木津川の旧河道付近は久世郡久御山町や八幡市と錯綜している箇所がある。

本項ではかつて同地域に存在した久世郡淀町(よどちょう)についても述べる。

by Wikipedia

このページへのコメント