瀞峡

物語の舞台への旅

瀞峡 - 中上健次『化粧』の舞台

瀞峡(和歌山県・新宮市)

彼は熊野川沿いの道をバスで遡り、瀞村から、那智に抜ける道を選んで歩いたのだった。

「修験」より。

修験者のように、熊野の山に分け入る大男。

ここで言う「瀞村」は、瀞峡のあたりでよいのでしょうか。瀞峡から那智のほうまでは結構ありますけど。

和歌山県新宮市、奈良県十津川村、三重県熊野市の境界にあるエリア、瀞峡。国の特別名勝で、雄大な渓谷美のあるところです。

瀞峡について

瀞峡(どろきょう)は、和歌山県・三重県・奈良県を流れる熊野川水系北山川上流にある峡谷。吉野熊野国立公園の一部。

上流から、奥瀞、上瀞、下瀞と呼ばれ、下瀞の上流は瀞八丁の名で特に著名で、巨岩、奇岩、断崖が続く圧倒的な渓谷は、国の特別名勝に指定されている。

*三重県熊野市

*和歌山県東牟婁郡北山村(上流)

*奈良県十津川村竹筒(下流)

*和歌山県新宮市(下流)

*隆起準平原である大台ヶ原周辺から流れを発した川が滝を形成し、侵食作用によって滝つぼが後退して形成された。

by Wikipedia

このページへのコメント