田辺

物語の舞台への旅

田辺 - 中上健次『紀州』の舞台

田辺(和歌山県・田辺市)

写真

その狭い道幅の町を、歩き回る。この田辺という土地が、夜のせいか、私の知っている様々な土地と重なってみえる。だが、私の知りたいのは、田辺という土地であり、田辺の田辺たるゆえんである。

「田辺」より。

和歌山県、紀伊田辺です。この本は南紀をぐるっと経巡るルポなので、田辺はそのなかの一章です。「田辺市」と言うとその範囲は広くて(2005年の合併で広がって)、熊野本宮のほうまで入ってしまうわけですが、ここでは紀伊田辺駅周辺の、田辺です。

熊野古道の中辺路ルート、大辺路ルートの分岐点ということで、古くからの交通の要衝です。田辺の田辺たるゆえんは、私には分かりません。

田辺市について

田辺市(たなべし)は、近畿地方の南部、和歌山県の中南部に位置する市。

和歌山県南部の中心都市である。熊野古道の中辺路ルート、大辺路ルートの分岐点で、「口熊野」と称される。

近畿の市の中では面積は最大である(全国順位は20位)

気候は黒潮の影響があり、比較的温暖であるが、内陸は山が迫り、山地的な気候の影響がある。一方、市の北部は紀伊山地に面する。熊野本宮大社をはじめ、熊野参詣道、熊野九十九王子社跡などは、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に含まれる物件である。

海岸線は入り組んで田辺湾を形成する。湾の北の端には天神崎があり、南側は白浜に接する。湾内には神島など小さな島があり、亜熱帯性の生物が記録されている。

* 山:槇山、高尾山、三星山、護摩壇山

* 川:会津川、芳養川、日置川、日高川、富田川、熊野川

by Wikipedia

このページへのコメント