隠岐

物語の舞台への旅

隠岐 - 阿部和重『ピストルズ』の舞台

隠岐(島根県・隠岐の島町)

写真

隠岐に到着して早々の夜ながらも、父とみずきは四九日の荒行をはじめるべく、県の天然記念物たる岩倉の乳房杉のもとへと赴いていたのでした――

隠岐は一度行ってみたいんですよね。なので、作品としてのメインの舞台は神町(山形県)ですが隠岐のシーンを取り上げました。岩倉の乳房杉(ちちすぎ)は隠岐の観光名所のひとつ。樹齢800年、奇妙な形をした杉の古木です。

作中では、一子相伝の「修行」に訪れています。毒キノコを食べて生死の狭間をさ迷う壮絶な修行です。

隠岐諸島について

隠岐諸島(おきしょとう)は、島根半島の北方約50kmにある諸島。隠岐群島(おきぐんとう)、隠岐島(おきのしま)とも呼ばれる。現在は島根県隠岐郡に所属。かつては、隠岐諸島を中心とする令制国である隠岐国が存在した。山陰地方では今でも隠岐諸島を指して隠岐国(おきのくに)と呼ぶ場合がある。

当諸島は、島前(どうぜん)と島後(どうご)に分かれている。

隠岐諸島は島根半島の北、本土から隠岐海峡を隔てた北緯36度付近に位置する。隠岐諸島は島後水道を境に島前(どうぜん)と島後(どうご)に分けられる。島前は「島前三島」と呼ばれる知夫里島(知夫村)、中ノ島(海士町)、西ノ島(西ノ島町)から構成される群島であるのに対し、島後は島前三島から島後水道を隔てた島後(隠岐の島町)の一島から構成される。主な島はこの4島であるが、付属の小島は約180を数える。島後は約242km2で、日本では徳之島に次いで大きく、15番目の面積を持つ。

by Wikipedia

このページへのコメント