観音寺市

物語の舞台への旅

観音寺市 - 奥泉光『モーダルな事象』の舞台

香川県・観音寺市

桑幸が久貝島へ赴いたのは、十月最初の土曜日であった。学校出入りの旅行代理店で調べてもらったところ、観音寺から久貝島への定期便は、午前九時三十分発と午後三時十五分発の一日二便。

小説の冒頭には地図が掲出されています。観音寺の西20キロ、観音寺港からの定期船航路で結ばれた島が燧灘に浮かんでいます。この久貝島(と隣接する楠根島)は実在しない島です。実際には島のない海域に2つの島が描かれたフィクション地図ということになります。

香川県観音寺市の港から実際に定期船が出ているのは伊吹島。小説中の地図では久貝島とは別の島として伊吹島も描かれているわけですが、伊吹島あたりのイメージをしておけば近いでしょうか。定期便は1日4便あります。

久貝島で見つかった、無名作家の「遺稿」が謎を呼ぶミステリーです。

観音寺市について

観音寺市(かんおんじし)は、香川県の西端に位置する市である。

気候は南の讃岐山脈や四国山地、北は中国山地の影響もあり台風などの自然災害は比較的少ない。勇壮なちょうさ祭りが有名である。

西は瀬戸内海に面し、南は讃岐山脈を隔てて徳島県と接する。北西に七宝山があり、西の燧灘に向かって川が流れ三角州を形成している。

* 山:七宝山、雲辺寺山、江甫草山、琴弾山、興昌寺山、母神山、稲積山、菩提山、ほか

* 河川:財田川、柞田川、一ノ谷川、吉田川、唐井出川ほか

* 湖沼:豊稔池ダム、一ノ谷池、仁池、ほか多数

* 島:伊吹島、円上島、股島、小股島、オゴ岩

by Wikipedia

このページへのコメント