中洲

物語の舞台への旅

中洲 - 辻仁成『右岸』の舞台

中洲(福岡県・福岡市博多区)

写真

十九歳になった祖父江九は、中洲の清流橋の上に立ち、初春の照り映える川面を見下ろしていた。

清流橋はキャナルシティ前、博多中洲の南端にあたるところ。

繁華街として名高い中洲ですが、清流橋のあたりは風俗街、ソープ街となっています。作中でも実際にソープに入ったりするのですが。

中洲について

中洲(なかす)は福岡市博多区、那珂川と博多川に挟まれた中州(中の島)に位置する地区である。

那珂川の流れに沿って北西から南東にかけて約1キロの細長い地形を呈する。北東から南西にかけての横幅は約200メートル。

北西から昭和通り・明治通り・国体道路(国道202号)が当該地域を貫き、それらに直角に交る中洲中央通りが中洲の歓楽街の中心。行政界として、昭和通りから北西が中洲中島町、昭和通りから南東が中洲(1-5丁目)である。中洲中島町を除いた地区が歓楽街に該当する。また那珂川の対岸は「西中洲」と呼ばれ料亭などが多い。西中洲は「中洲の続き」という位置付けであるが博多区ではなく中央区である。

九州最大の歓楽街であり、大阪・北新地と並んで西日本一の歓楽街ともされる。また、東京の新宿・歌舞伎町、札幌・すすきのと合わせて日本3大歓楽街と称されることもある。

最寄り駅は福岡市地下鉄中洲川端駅。

1991年に公開された映画『ゴジラvsキングギドラ』では周辺が舞台になり、大規模なロケーションが敢行された。

中洲と西中洲・天神を結ぶ「福博であい橋」からは、那珂川沿いのネオンサインの風景が見られる。

by Wikipedia

このページへのコメント