奄美大島

物語の舞台への旅

奄美大島 - 佐川光晴『おれのおばさん』の舞台

奄美大島(鹿児島県・奄美市)

久場という、島の北部にある集落に属していて、家々は山際の土地が平らになったところにぽつりぽつりと建っているため、どんなに騒いでも近所迷惑にはならない。一応珊瑚の石垣で仕切られてはいるが、背後の山を含めた一帯が庭のようなかんじで、少し行けば漁船の並ぶ龍郷湾に出た。

札幌の児童養護施設から、夏休みに列車を乗り継いで奄美大島へ日本縦断。ここだけ唐突に鉄分が多くて、どの路線を通るかに変なこだわりがあったりします。

主人公たちは中学生ですが、奄美ではちょっとした恋心もあったりして、若いっていいなぁ。というか奄美行きたい。

奄美大島について

奄美大島(あまみおおしま)は、九州南方海上、鹿児島市と沖縄島のほぼ中間に位置する、鹿児島県奄美群島の主要な島で、他の島と混同されない場合には単に大島(おおしま奄美方言でうしま)ともいう。また、奄美群島内の他の島々との対比で大島本島と表現される場合もある。ウミガメが産卵に訪れる砂浜、'アマミブルーとも称される透明度の高い青い海や、恐竜の森のようなイメージの原生林が広がっており、大島海峡沿岸、ホノホシ海岸などの周辺海域や湯湾岳などの山地は奄美群島国立公園の一部となっており、徳之島、沖縄県の西表島、沖縄島北部と共に世界自然遺産候補地として登録が推薦されている。気候については名瀬測候所がある奄美市を参照。

特に南部の自然は豊かで、希少な生物も多種見られる他、養殖クロマグロの出荷日本一の瀬戸内町では、本

マグロや、リュウキュウイノシシの料理なども賞味できる。

by Wikipedia

このページへのコメント