天久

物語の舞台への旅

天久 - 池上永一『レキオス』の舞台

天久(沖縄県・那覇市)

 天久開放地の闇に上がった火柱は、付近の古島郵政団地からも目撃された。
 通路に出た住民が天久開放地方面に身を乗りだしている。すぐに団地上空にドラムカンの山を崩したようなヘリコプターの音が聞こえてきた。

米軍用地であったものが返還され、空地となっていた天久開放地。
那覇市街の北、現在は街になっており、「那覇新都心」と呼ばれるエリアですが、
ここで浮かび上がった巨大な魔方陣から物語は動き出します。

古島郵政団地も実在する団地でしょうか、天久の1kmほど東が古島です。

天久について

天久(あめく)は、沖縄県那覇市の地名。郵便番号900-0005。

那覇市北西部に位置する。一・二丁目と字天久からなる。安謝・おもろまち・上之屋・泊・曙と隣接する。那覇新都心の一部となっている地域で住居表示が実施され、実施部分は一・二丁目となっている。

* 1953年(昭和28年) - 以前一・二丁目は米軍により強制収用されており、1987年(昭和62年)に全面返還された。

* 1997年(平成9年) - 上之屋とおもろまちを結ぶ那覇中環状線が開通。

* 1998年(平成10年) - 沖縄県立那覇国際高等学校が開校。

* 2000年(平成12年) - 天久りうぼう楽市が開店。

* 2012年(平成24年) - 天久小学校が開校。

by Wikipedia

このページへのコメント