沖縄

物語の舞台への旅

沖縄 - 町田康『おっさんは世界の奴隷か』の舞台

沖縄(沖縄県

こんなものなくても俺は立派に沖縄に行ってみせる。こんなものいるか、猿野郎がっ。と毒づいて、財布と航空チケットだけをポケットに入れ、両手をぶらぶら振って沖縄に旅立ったのである。

「だから旅行は嫌なんだ」より。

「こんなもの」というのは猿股だったり剃刀だったり本だったり豆腐、カレー粉、小振りの鍋、半田ごて、住民票、複成のゴッホ、九官鳥の餌だったり、もしかしたら必要になるかも、つって荷物をまとめてたら大変な量にというネタなわけです。

沖縄には対談仕事で行ったらしい町田氏。

というか沖縄が舞台になる作品、というわけでもないですごめんなさい。

沖縄県について

沖縄県(おきなわけん)は、日本の南西部の琉球諸島を県域とする県。東シナ海と太平洋(フィリピン海)にある363の島からなる県で、海上輸送路(シーレーン)の要点である。県庁所在地は、沖縄本島の那覇市。

一般にはおおよそ亜熱帯とされる気候であり、一部は熱帯に属する。日本の中では年間を通して温暖な気候であり、また最高気温と最低気温の差も小さい。だが、平均的には最高気温自体はさして高いものではない。

かつては琉球王国が存在し、明や清に朝貢していたが、琉球征伐以降は、薩摩藩にも従っていた。明治時代より日本に編入される。第二次世界大戦では米軍が空爆と艦砲射撃の後に上陸し、(国内)「唯一の地上戦」と呼ばれる沖縄戦が県民を巻き込んで行われ、多数の犠牲者を軍民より出した。沖縄戦後1972年までアメリカの占領統治下におかれた。1950年代半から復帰までは核兵器も配備され、2016年現在も多数の米軍基地が存在する。以上の歴史的、地理的、政治的背景が常識的な程度で原因となって、他の府県(本土、内地と呼ばれる)に比べ特色のある文化(伝統芸能・儀礼・宗教・習俗・風習・郷土食)を持つ県となっている。

産業としては2010年現在、85.5%を第三次産業が占めており、観光に依存する部分が非常に大きい。第一次産業は2%にすぎず、第二次産業も12.4%と割合としては低調である。

by Wikipedia

このページへのコメント