宜野座

物語の舞台への旅

宜野座 - 椎名誠『南シナ海ドラゴン編 にっぽん・海風魚旅5』の舞台

宜野座(沖縄県・宜野座村)

宜野座村の海沿いをさらに北上していくと、ちょっとした規模の漁港に着いた。何隻かの漁船が何かの荷揚げをしているようだった。岸壁の上ではなにやら大きな生き物がパタパタ動いている。アカウミガメであった。

「沖縄本島泡盛熱風一周旅」より。

宜野座(ぎのざ)は沖縄本島中部にある村。大きな観光スポットがあるわけではないので、あまり観光客は行かないところかもしれません。

椎名は沖縄の島々へもたくさん行ってますけど、沖縄本島の旅行記は実はあんまりないです。

宜野座村について

宜野座村(ぎのざそん)は、沖縄本島の辺戸岬と喜屋武岬のほぼ中間に位置する村である。阪神タイガース一軍のキャンプ地となっている。

松田(まつだ)区、宜野座区(ぎのざ)、惣慶(そけい)区、福山(ふくやま)区、漢那(かんな)区及び城原(しろはら)区の6つの行政区から成る。

*名護市(1970年7月まで名護町・久志村)

*金武町(1980年3月まで金武村)

*恩納村

by Wikipedia

このページへのコメント