永登浦

物語の舞台への旅

永登浦 - 中上健次/荒木経惟『物語ソウル』の舞台

永登浦(韓国・ソウル)

写真

ヨンドンポの家を朝出て、日が落ち切るまで市場で物を売って家に帰るのが、日課となった。女の眼に、最初、ソウルは毎日、祭りか、昔、芸人らが村の広場で芸を披露した特別な日のようで、一日一日が新鮮だった。

ソウルの「路地」での生活を写真と文章で映した書。ヨウドンポ(永登浦)はソウル中心部から南西、川を渡った汝矣島の先です。

貧しさはもちろんどこにでもあるもので。

永登浦区について

永登浦区(ヨンドゥンポく)は、ソウル特別市南西部にある区である。同区は町工場が多くあり、韓国の大田区と呼ばれている。

by Wikipedia

このページへのコメント