チェンマイ

物語の舞台への旅

チェンマイ - k.m.p.『チェンマイ アパート日記。』の舞台

タイ・チェンマイ

写真

チェンマイ定番の観光スポット、"エレファントキャンプ"へ行った。ここでは、象さんのいろんな芸をみたり、背中に乗ってちょっとした山道を散策できたりする。

チェンマイ郊外、メーサーエレファントキャンプ。象に乗れたりショーがあったりするのですが、見ものは象のお絵描き。象が鼻で筆を持って、カンバスに向かって絵を描くのです。TVでも見たことがあるので有名なんですよね。k.m.p.のふたりはいま象が目の前で描いたばかりの絵を求めて帰ります。

こういうの。
http://www.thingselephant.com/art.html

なんだかタイを離れて日本で高値販売されていると不要に「怪しい」感が漂いますが、
できたてほやほやのを現地で買うのは楽しそうですね。

ちょっと欲しい。

ムアンチエンマイ郡について

ムアンチエンマイ郡(ムアンチエンマイぐん)は、タイの北部にある郡(アムプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

チエンマイとは「新しい街」という意味である。これはマンラーイ王が都を建設した際には、すでにチエンラーイ(「マンラーイの街」という意味)があり、これに対して新たに建設されたチエンマイを「新しい街」と称したのが、チエンマイの名の由来である。また美名としてノッパブリーシーナコーンピンチエンマイ (นพบุรีศรีนครพิงค์เชียงใหม่) という呼称があり、意味は「新しい街吉祥なるナコーンピンたるチエンマイ」である。このためナコーンピン (นครพิงค์) という名称が用いられたこともあった。

by Wikipedia

このページへのコメント