ゴア

物語の舞台への旅

ゴア - 清水義範『清水義範ができるまで』の舞台

インド・ゴア

写真

コーチンの空港から、ゴアへ飛ぶ。誰が呼んだか知らないが、黄金のゴア、である。午後、ゴアの市内観光。あ、違うか、ゴアというのは都市名ではなく、自治区の名であって、その首都はパンジムである。

アラビア海に面するインドのリゾート地。16世紀にポルトガルの支配地となって以降、リスボン―喜望峰―ゴアの航路はポルトガルに大航海時代を謳歌させた。黄金のゴア。今日に至るまで西欧の影響が強いところです。

ドラッグカルチャー、ヒッピーたちの聖地であった時代も過ぎ去り、今は普通の観光リゾート地?

ゴア州について

{| class="infobox geography" width="275"

|+

! colspan="2" bgcolor="#e3e3e3" | ゴア州
Goa
गोंय

|-

| align=center colspan="2" style="background:#fff;"|

|-

! colspan="2" bgcolor="#e3e3e3" | 基礎情報

|- valign="top"

| 国

|  インド

|- valign="top"

| 行政区

| ゴア州

|- valign="top"

| style="border-bottom: solid 1px #ccd2d9;" | 州都

| style="border-bottom: solid 1px #ccd2d9;" | パナジ(Panaji)

|- valign="top"

| 面積

| 3,702 km²

|- valign="top"

| 人口

| (2001年)

|-

|  - 合計

| 1,343,998 人

|-

| style="white-space:nowrap; width:80px;" |  - 人口密度

| 363 人/km2

|-

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 時間帯

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | インド標準時(IST)UTC+5:30

|-

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 公用語

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | コンカニ語

|-

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 創設

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 1987年5月30日

|- valign="top"

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 知事

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | S.S. シドゥ(S. S. Shidhu)

|- valign="top"

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 首相

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | デイガンバル・カーマト(Digambar Kamat)

|- valign="top"

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 立法機関(議席数)

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" |

|-

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 略称(ISO)

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | IN-GA

|-

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" | 州公式ウェブサイト

| style="border-top: solid 1px #ccd2d9;" |

ゴア州(コンカニ語:गोंय、マラーティー語:गोवा、Goa)は、インド西海岸の州である。16世紀から20世紀半ばまでポルトガル領インドの一部であり、ポルトガルのアジアにおける拠点であった。

== ゴアの征服 ==

ゴアはインド西海岸中部のマンドウィー河の河口にある島に位置し、天然の良港を有する。16世紀初めにはイスラーム王朝のビジャープル王国の重要都市であった。1510年2月、ポルトガル王国のインド総督アフォンソ・デ・アルブケルケが1,000人のポルトガル兵を率いて来航し、この都市を降伏させた(ポルトガルによるゴア占領)。しかし、ゴアの要塞が老朽化しており使えなかったため、同年5月にビジャープル王国のスルターンが50,000の兵を率いて攻撃してくると一旦引き上げた。アフォンソ・デ・アルブケルケはポルトガル本国からの増援が到着すると、同年11月2,000のポルトガル兵によってゴアを再び陥落させた。ビジャープルのスルターンは何度もゴアを攻撃したが、奪回できなかった。1512年にはゴア要塞へ通じる水路を制するベナステリム要塞を奪取し、ゴアに病院といくつかの教会を建設した。

by Wikipedia

このページへのコメント