シンガポール

物語の舞台への旅

シンガポール - 村上春樹『めくらやなぎと眠る女』の舞台

二人がその小さな食堂を見つけたのはまったくの偶然だった。このシンガポールの海辺の町に着いた最初の日の夕方、ビーチの近くを散歩しているときに、ふとした気まぐれで裏道に入り、たまたまその店の前を通りかかったのだ。

「蟹」より。

シンガポールの中国料理店で食べるうまい蟹。シンガポールは中国料理とかインドネシア料理とかマレーシア料理とか、周辺の国々のうまいものが集まってるのがいいですね。

小説中のエピソードとしてはその店には絶対行きたくない、ものなのですが。

シンガポールについて

シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。

同国は、北はジョホール海峡によりマレーシア半島から、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。

by Wikipedia

このページへのコメント