シンガポール

物語の舞台への旅

シンガポール - 村上春樹『めくらやなぎと眠る女』の舞台

二人がその小さな食堂を見つけたのはまったくの偶然だった。このシンガポールの海辺の町に着いた最初の日の夕方、ビーチの近くを散歩しているときに、ふとした気まぐれで裏道に入り、たまたまその店の前を通りかかったのだ。

「蟹」より。

シンガポールの中国料理店で食べるうまい蟹。シンガポールは中国料理とかインドネシア料理とかマレーシア料理とか、周辺の国々のうまいものが集まってるのがいいですね。

小説中のエピソードとしてはその店には絶対行きたくない、ものなのですが。

シンガポールについて

シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく、Republic of Singapore、Republik Singapura、新加坡共和国、新加坡共和國、சிங்கப்பூர் குடியரசு)、通称シンガポールは、東南アジアに位置し、シンガポール島及び60以上の小規模な島々からなる島国、都市国家で、政体は共和制。

同国は、北はジョホール海峡により半島マレーシアから、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。シンガポールの領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。

シンガポールは、教育、娯楽、金融、ヘルスケア、人的資本、イノベーション、物流、製造・技術、観光、貿易・輸送の世界的な中心である。多くの国際ランキングで上位に格付けされており、最も「テクノロジー対応」国家(WEF)、国際会議のトップ都市(UIA)、世界で最もスマートな都市である「投資の可能性が最も高い」都市(BERI)、世界で最も安全な国、世界で最も競争力のある経済、3番目に腐敗の少ない国、3番目に大きい外国為替市場、3番目に大きい金融センター、3番目に大きい石油精製貿易センター、5番目に革新的な国、2番目に混雑するコンテナ港湾。2013年以来『エコノミスト』は、シンガポールを「最も住みやすい都市」として格付けしている。

シンガポールは、全ての主要な格付け機関からAAAソブリン格付けを持つ、アジアで唯一の国家であり、世界11か国のうちの1つである。シンガポール航空は2018年の「世界最高の航空会社」であり、世界的にはシンガポール港とチャンギ国際空港がそれぞれ「マリタイムキャピタル」と「ベスト空港」のタイトルを連続して獲得している。

シンガポールは、1人当たり国内総生産(GDP)が世界で2番目に高く、国連人間開発指数で9位である。これはアジア諸国の最高値で、教育、医療、平均余命、生活の質、個人の安全、住宅などの主要な社会的指標が上位にランクインし、人口の90%が家を所有していることに由来する。

by Wikipedia

このページへのコメント