アヌラーダプラ

物語の舞台への旅

アヌラーダプラ - 角田光代『恋愛旅人』の舞台

スリランカ・アヌラーダプラ

スリランカの、遺跡や寺院がごろごろ残っている観光名所、アヌラーダプラの町を夕方、一人で歩いていた。日暮れどき、緑に覆われた旧市街は、記憶の底からゆっくりと浮かび上がってくるみたいに、ひそやかにゆるやかに金色に染めあげられる。

スリランカの寺院はちょっと行ってみたいですね。アヌラーダプラはスリランカ最古の都。みどころいっぱいあります。アジアの旧市街はほんとうに「旧」で、このまま何千年も変わらないみたいな顔をしてたりする、そういうところも惹かれます。

角田光代はこのとき33歳で、「(その年にもなって)こんなとこで何してるの?」と呆れられるというエピソードがあるんですが、私もいま33歳です。まだ一人でぶらぶらしててもいい年だよね?

このページへのコメント